女性専用の育毛剤が必要な理由。女性の薄毛に対する効果は?

女性専用の育毛剤が必要な理由。女性の薄毛に対する効果は?

近年、女性の間でも薄毛の悩みを訴える人が増加しています。

薄毛というと、中高年の男性の悩みというイメージが強いかもしれません。しかし、女性の薄毛の症状には、一定の傾向があることもわかっています。

現代社会が複雑になるに連れて、女性の生き方にも大きな変化が生じてきました。とくにここ数十年、生活習慣から食生活、社会進出など、男性以上に社会の変化に大きく影響されてきたのが女性です。

こうした時代の変化をダイレクトに受けてしまった。それが、女性の薄毛の増加にも表れていると考えることが出来ます。

こうしたなか、女性をターゲットにした育毛剤も次々と発売されるようになりました。これまでの男性用の商品にはない、女性用育毛剤だからこその効果も期待できます。

なぜ、女性専用の育毛剤が必要なのでしょうか。女性の薄毛にどのような効果があるのか、女性用育毛剤についてお伝えしましょう。

なぜ女性用の育毛剤が発売されているのか

男性と女性という性別は違っても、髪の毛が薄くなる症状は一見同じように見えます。

もちろん、生え際や頭頂部が薄くなるというのは、男性でも女性でも薄毛といわれる症状に分類されるので、市販されているどの育毛剤を使っても、ある程度の効果は得られる気がします。

しかし、実際のところ、男性用育毛剤とは別に、女性用育毛剤が発売されるようになりました。これには、同じ薄毛であっても、男女によって背景に潜む原因が異なると考えられているからです。

女性の薄毛の場合、男性以上に、ストレス体内バランスの崩れによる女性ホルモンの乱れが関係していることがわかっています。

女性ホルモンのアンバランスによって引き起こされる更年期障害。この時期に薄毛になる女性が増えるのも、こうした原因があるためです。

女性ホルモンの減少が、更年期のさまざまな不快症状をもたらします。薄毛もその一つだとすると、男性のために作られた育毛剤に期待しても難しい、ということはお分かりいただけるのではないでしょうか。

つまり、女性には女性特有の薄毛の原因がある。このポイントから育毛剤選びをすると女性専用の育毛剤がぴったりということになります。

 

女性ホルモンが原因と思われるなら

女性用育毛剤を使って効果が期待できる女性には、大きく3つのタイプが考えられます。

まず、更年期障害によって女性ホルモンが乱れている人です。中高年の女性にとって大変辛い症状が続く40代から50代の数年間。最近では、30代女性にも更年期障害を発症する例も確認されています。

更年期は、ただホルモンバランスによる不調だけではありません。そこに加齢や世代ごとのストレスなどが加わって、深刻な症状をいくつも引き起こすことがあります。

女性の薄毛は、更年期障害の症状としてよく知られているものです。日常生活の支障が出るほどであれば、専門医に受診してホルモン治療を受けることも必要でしょう。

薄毛の悩みを少しでも改善したいなら、更年期障害に悩む女性には、女性用育毛剤が効果的なアプローチになります。

そして、現代女性なら付き物のストレスを抱えている人も、薄毛になりやすいといわれています。女性の社会進出が進んでハードな仕事をしていたり、家事や育児に追われていたり、あるいは家族や職場との人間関係に悩んだりなど、現代社会を生きる女性は、さまざまなストレスを背負っており、これが症状を倍増させてしまいます。

ストレスは、全身の血行を停滞させる原因となるほか、ホルモンバランスへの影響も与えます。毎日、ストレス解消に努めることは大切ですが、女性用育毛剤の薄毛の部位の血行促進効果や抗炎症効果で、大切な頭皮をケアすることが重要です。

産後の抜け毛は、妊娠中に増加していた女性ホルモンの分泌量が元に戻ることから引き起こされる一時的なもの。とは言っても、女性にとってとっても大切な髪が一気に抜けてしまうのはあまりにもショックで、これも大きなストレスを抱えてしまいます。出産に加えて大きなストレス。「居ても立っても居られない」状況です。

他にも、ヘアケアのしすぎで髪や頭皮にダメージがある人です。

アレルギーの原因にもなるといわれているヘアカラー剤パーマ剤は、皮膚にダメージを与えます。現代女性のおしゃれのためには大切なアイテムですが、使いすぎると、気づかない間に化学物質が蓄積されて、薄毛や抜け毛の原因になることが指摘されています。

もし、定期的にこうしたヘアアイテムを使っている人は、使用する回数を減らしたり、出来るだけ配合成分がナチュラルで体にマイルドなものにこだわった商品に替えたりして、髪を労るようにしてあげてください。

 

女性用育毛剤に求められるもの

男性よりも過酷な頭皮への影響

上でお話したように、女性の場合、男性よりもまずヘアケア関連から来る髪への影響が指摘されています。

ドライヤーの熱はもちろん、ヘアスプレーやヘアワックス、そしてカラーリングやパーマなど、女性の髪にダメージを与えるヘアケアグッズはたくさんあります。

髪の毛はもちろん、大切な頭皮にも影響を与え続けているため、女性の地肌は想像以上にダメージを受けていることが多いのです。

デリケートな女性な肌や頭皮

女性用育毛剤が数多く登場し始めている背景には、やはり男性用育毛剤にはないメリットを女性に感じてもらいたいからという点にあります。

女性の肌は、男性よりも外部からの刺激や内側のコンディションの影響を受けやすいものです。

特に、生理をはじめとして、ホルモンバランスも乱れやすいため、生理前には決まって吹き出物が出やすかったり、肌のかさつきが気になるという女性も多くいます。それ程、女性の肌は男性に比べてデリケートにできているため、あくまでマイルドな育毛剤であることが大切なのです。

 

女性用育毛剤の特徴

女性用育毛剤の成分表示を見ると、「無添加」にこだわった商品が多いことがわかります。また、成分配合もシンプルだったり、短期間で強い効果を狙う成分よりは、あくまでも頭皮にマイルドに働きかける有効成分を使っていることが大半です。

さらに、女性は毛髪のツヤや美しさも大切にしますので、ヘアトリートメントのような効果も育毛剤にあることを好みます。頭皮ケア」と「髪の美しさ」という二つのアプローチを担っているのが、女性用育毛剤であるといえるでしょう。

一般的な男性用育毛剤のなかにも、女性が使える商品はありますが、やはり肌への負担ということを考えると、最初から女性向けに開発されたタイプを選ぶことをおすすめします。

参考記事:
ヘアモア(hairmore)スカルプエッセンスで、抜け毛が…薄毛が…ぺったんこ頭が…

 

女性の薄毛には、効果的な専用育毛剤を

このように、薄毛に悩む女性のための育毛剤、それが市販されている女性用育毛剤です。

デリケートな女性の心身を考えて開発されているので、女性ならではの薄毛の原因にもしっかり効果を得ることが期待できます。

もちろん、女性用育毛剤には、商品によって改善へのアプローチに特徴があります。含まれる成分が違いますので、比較しながら検討することをおすすめします。

自分の薄毛はどのような原因なのかを振り返りながら、女性用育毛剤のなかからタイプにマッチした商品を選ばれることを願っています。